肺炎を疑うときは安静に

肺炎は、免疫力・抵抗力が落ちているときにかかりやすい病気です。

風邪などが悪化した時に起こります。

特に高齢者やお年寄りは免疫力が低いので、掛かりやすい傾向にあります。

 

肺炎の原因は細菌やウィルスが、呼吸するときに鼻や口から体の中に侵入することです。

健康の人であれば、病原菌が増える前に、免疫力の力で、

のどがはれたり鼻水がでるなど、排除しようという働きが起こります。

しかし、免疫力がひどいと、そのまま肺にまで侵入してしまいます。

 

肺に侵入し、最近やウィルスの感染力に対し、

抵抗する力が弱まっているときにだけ発症します。

肺炎は油断すると命にかかわる病気ですので、

お年寄りや乳幼児が風邪にかかり悪化した時には安静にしておくことが必要です。

 

肺炎の症状は主に、発熱・悪寒・胸痛・呼吸困難などです。

食欲不振が続く場合もあります。

 

肺炎の検査には、血液検査や胸部x線検査などで検査し診断します。

治療法は、継承の場合であれば外来での治療ができますが、

中等度以上で脱水症状が遠なうものは入院治療で安静にします。

病原菌を特定し、その菌に対する抗菌薬で治療を行います。

約2週間ほどで完治する人が多いです。

 

抗菌治療のほか、対症療法として、咳を鎮める薬や痰を取り除く薬を用います。

日ごろからウィルスなどの感染には注意し、抵抗力・免疫力を付けておく必要があります。

体力が落ちているときなどは特に注意し、風邪が悪化する前に、暖かくして安静にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL