肺炎は抗菌薬を使って治す

一つ間違うと命取りともなる恐ろしい肺炎でありますが、

毎年多くの人がそれにより命を落としていることも事実です。

肺炎は本人がその病気だと気付かないことが多く、手遅れになりがちなのです。

それを防ぐためにも、普段の風邪と違うような症状がある場合には

肺炎を疑ってみる必要があります。

 

その主な症状は、空咳であり普段とは違う咳が頻繁にでます。

発熱や倦怠感を感じることはあまりありませんので、見過ごしてしまいがちになるのです。

いつもと違う咳が長く続くようであれば、早めに病院で診察を受けることです。

 

肺炎の原因になる細菌というのは、いろいろな微生物によるものであり

肺胞が細菌に侵されることによって起こるのです。

肺炎の原因になる細菌が、どこで感染したかというのは不明なことが多いのですが、

体力が弱っているときなどは人ごみに行かないことが賢明です。

特に幼い子供や高齢者は免疫力が弱いため、危険な状態になることが多いですので注意が必要です。

 

病院へ行けば検査を行い肺炎の診断をするわけですが、

レントゲンやCTスキャンの精密検査を行って確定します。

肺炎であれば、それによる影が画像に映ります。

 

肺炎と診断されたならば、治療を行う必要がありますので抗菌薬を投与します。

症状が軽い場合であれば、通院でもよいのですが重症になりますと入院をすることになります。

肺炎は症状がはっきりしないことが多いため診断が遅れがちになるのですが、

いつもと少しでも違うようであればすぐに病院を訪れることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL