高齢者の誤嚥性肺炎を防ぐ食事の工夫

肺炎は、様々な細菌の感染・繁殖によって起きる肺の炎症で、

高齢者は重症化することが多く死に至ることも多いことから

怖い病気の一つとして知られています。

 

特に70歳以上の高齢者がかかる肺炎のうちの

およそ7割以上は誤嚥性肺炎と言われます。

 

人は気付かないうちに加齢と共に筋力が低下し、

食べ物を噛む力や飲み込む力が弱くなります。

誤嚥性肺炎は、食べ物が誤って気管や肺に入ってしまいそのまま残り、

細菌が繁殖して起こる肺の病気です。

 

通常の肺炎のようにタンが出たり、熱が出たり、咳き込むという目立った症状がでないままに

ひどく進行することがあるので、家族に高齢者がいるご家庭は注意が必要です。

 

通常誤って入ってしまった食べ物は、強く咳き込むことで

気管や肺から追い出すことができますが、

高齢者は筋力が弱いため、食べ物が残ってしまいます。

 

一度起こすと再発し易いのもこの病気の特徴と言われます。

この病気を防ぐために最も重要なのは、食事の工夫が上げられます。

食べ易いように、小さめに食材を切ったり、軟らかめに料理したり、

卵や片栗粉などを利用しとろみをつけたりすると良いでしょう。

 

食事中はテレビのような気をちらすものは避け、食事をすることに集中させ、

一度にたくさん口に入れないように注意しましょう。

こうすることで、よそ見によって誤って食べ物が喉に詰まったり、誤嚥することが防げます。

高齢者が食事中はできるだけつきそうことで、異変に直ぐ気付くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL