誤嚥性肺炎

高齢者に多くみられる病気の一つが、

誤嚥性肺炎です。

 

この誤嚥性肺炎は嚥下機能が低下すると引き起こされる病気であり、

原因は食事を摂取した際にむせる事が大きな原因となっています。

 

若い人の場合は食事にむせたとしても、

咳き込む事で気管に食物が入るのを防ぐ事ができます。

 

しかし高齢者の場合、嚥下機能が低下している事、

咳嗽反射が弱く気管に食物が入ってもむせない場合がある等の理由で、

若い人に比べて誤嚥性肺炎になる割合が多いです。

 

その他にも、口腔内が汚れている場合にも、

口腔内に繁殖した細菌が肺に落ちる事でも肺炎になる事があります。

こういった事が引き金で、高齢者は簡単に病気になってしまいます。

 

このような事にならないためにも、日頃から嚥下機能を低下させないように

気を配る事が大切ですし、嚥下状態に合わせた食事を摂取する事が必要です。

 

嚥下機能を向上させる方法には、嚥下体操という方法が挙げられます。

これは口を開けたり、舌を出したり引っ込めたりする体操です。

このような体操を毎食前に行うと効果があると言われています。

 

食事については、嚥下しやすい食事にする必要があります。

固形でむせやすい人には、とろみが付いた食事やムース状の食事、

刻んだ食事にするといった方法を考えます。

今では、簡単にとろみが付けられる物が売られています。

これを使用する事で、簡単に嚥下しやすい食事を作る事ができます。

このように工夫するだけでも、誤嚥性肺炎を防ぐ事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL