誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎とは、

口や胃の中の食べ物が誤って気管に入り、

気管に入ったものに含まれる細菌が原因で肺炎になることをいいます。

 

高齢者の肺炎の70パーセント以上が誤嚥に関係しているとされ、

再発しやすいのが特徴です。

脳血管障害がある場合も発生しやすくなります。

 

誤嚥性肺炎は、食べ物以外にも

細菌を含んだ唾液などの分泌物を誤嚥したり、

夜間の睡眠中に胃食道の逆流による内容物の誤嚥があります。

一度肺炎を起こすと、気道粘膜は完全には回復せず、

誤嚥しても咳が起こりにくくなります。

発熱、激しい咳と黄色の痰が出る、呼吸が苦しい、

肺雑音が典型的な症状ですが、症状がなくても元気がみられない、

食事中のむせこみ、唾液が飲み込めない場合は肺炎が疑われます。

 

誤嚥性肺炎の治療は、肺炎の原因となっている

細菌を除去するため抗生物質の投与が行われ、

酸素の取り込みが悪くなった場合には酸素吸入を行います。

 

誤嚥性肺炎の予防法としては、何より口腔の清潔を保つことです。

歯磨きやうがいを行わないとすぐ細菌が繁殖してしまうからです。

食事の前には必ず手洗いを行います。

定期的に歯の健診を受けるようにし、歯垢や歯石があれば取り除いてもらいます。

胸焼けがあるときは、食後2時間の間は胃液の逆流を防ぐため、

身体を起こすようにします。

 

食事の際はひと口の量を減らすようにし、

食品はとろみを付けたものや半固形のものを選びます。

前かがみの姿勢で食事をとるようにし、椅子には深く腰かけるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL