好酸球肺炎の原因と症状

好酸球肺炎とは、肺好酸球湿潤症候群ともいわれ、

肺の組織の中に白血球の一種である好酸球が

たくさん入り込んで障害を起こし、

胸部のX線写真や胸部のCT検査で

肺の複数の部分に肺炎のような異常な陰影を示す、

特有の症状があるアレルギー性の病気です。

 

血液の検査で好酸球が増加し、生検や気管支の内視鏡の検査、

喀痰などで好酸球が増加していることから診断されます。

 

好酸球肺炎の原因は寄生虫や真菌、細菌やペニシリン、

イソニアジド、カルマバゼピンなどの薬剤、タバコの煙などの化学物質、アレルゲンなどです。

これら原因物質に対する体のアレルギー反応が発症の原因とされますが、

アレルギー反応を起こす原因を特定できないものも少なくありません。

 

好酸球肺炎の症状は、数日から数か月であらわれる発熱、

全身の倦怠感、頭痛などの全身の症状と、

せき、たん、息切れ、喘鳴などの呼吸器の症状です。

まったく症状のないものから、高熱や衰弱、呼吸困難を伴う命にかかわる重いものまでさまざまです。

慢性のものはゆっくりと進行して重症化します。

 

好酸球肺炎は細菌による感染ではないので、抗生物質は効果がありません。

アレルギーの原因がわかっている場合はその原因を除去することにより、

治療をしなくても症状は自然に軽減されます。

症状の軽減が難しい場合や原因が不明の場合、

治療にはプレドニゾロンなどのステロイドホルモン薬が用いられます。

慢性化した場合は数か月から数年にわたってステロイド薬の服用が必要になる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL