夏型過敏性肺炎の原因と予防策

「夏型過敏性肺炎」とは過敏性肺炎の一種です。

 

過敏性肺炎とは、ある特定の身の回りにある物質に

アレルギー反応を起こすことが原因で、

肺が炎症をおこしてしまう病気です。

 

夏型過敏性肺炎の場合はトリコスポロンというカビがその原因物質です。

日本ではカビが繁殖しやすい6月から10月に発症しやすくなります。

カビを吸いこんでから数時間後に風邪と同じような症状である

咳や軽い発熱が出てきます。

 

症状が軽いうちはその原因であるカビの発生を抑えれば症状はよくなります。

しかし風邪だと思って長い間放置していると

肺炎を引き起こしてしまうので非常に危険です。

 

トリコスポロンは高温多湿な場所を好みます。

古い木造家屋や通気性の悪い住宅、洗濯物を室内干ししていたり、

湿気が多いとカビが大繁殖する可能性が高いです。

 

家の中ではお風呂場や台所に発生することが多く、

外出先から帰宅すると途端にせき込んでしまったりする場合は

カビが繁殖している可能性が高いので気をつけなければなりません。

 

治療方法はとにかくこの原因物質を遠ざけることです。

症状が進むとステロイド剤を使ったり、針治療を行うことになります。

また、過労も症状が重くなる原因の一つです。

きれいな空気の場所でしっかり休むことがとても大切な治療なのです。

 

夏型過敏性肺炎の予防策はなんといってもカビを繁殖させないことです。

自宅の通気性をよくする、洗濯物は室内には干さない、

などカビが発生するのを防ぐ生活を心がけることが大切です。

空気清浄機やエアコンのクリーニングサービスを利用するのもよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL