ニューモシスチス肺炎

ニューモシスチス肺炎は

ニューモシスチス・イロベチーという菌が

肺の中で増殖することで発症します。

 

健康な状態であれば、かびの一種であるこの菌が

肺に入ってきても肺炎を発症することはありません。

しかし、関節リウマチなどの免疫系の病気の治療や

臓器移植の後で免疫を抑える薬を服用していると、

この菌にやられてしまうことがあります。

 

一部の癌の治療で化学療法を行っている場合にもかかりやすくなることがあります。

エイズで免疫が弱まるとニューモシスチス肺炎にかかりやすくなります。

また、肺の中にこの菌が長年潜んでいて、免疫が弱くなったときに

ニューモシスチス肺炎を発症する場合もあります。

 

私達は肺から血液の中に酸素を取り込みますが、

この菌が増殖すると酸素をうまく血液の中に取り込めなくなってしまいます。

そのため、患者は低酸素血症を発症し息苦しさを感じるのです。

 

痰が出ない咳や発熱、息苦しさがこの病気の主な症状です。

エイズからニューモシスチス肺炎を発症した場合は、

その他の場合よりも病気の進行が遅いことが知られています。

 

逆に言えば、エイズ以外の要因からニューモシスチス肺炎になった場合は

進行が非常に速いので危険です。

 

癌治療と同じで早期発見早期治療をすることで生存率を高めることが重要です。

免疫抑制剤を使用する治療を行っていたり、

何らかの原因で免疫力が低下しているようなときには、

特にこの病気に対して気を付ける必要があるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL