ウィルス性肺炎

肺炎とは肺に炎症が起こり、

発熱や咳、呼吸困難を起こす病気です。

症状がひどい場合は入院が必要になったり、

重い合併症を起こすこともあります。

 

ウィルス性肺炎は、細菌性のものよりは軽い症状のことのほうが多いです。

RSウィルス、パラインフルエンザウィルス、アデノウィルス、風疹ウィルス、

インフルエンザウィルスなどが原因です。

 

肺炎は高齢者や乳幼児がかかると重症化しやすいので、

かかってしまった場合は注意が必要です。

症状としては、くしゃみや鼻水、席などの風邪の症状や発熱があり、

高熱が3、4日続く、咳がだんだんひどくなり、呼吸が荒くなってきます。

 

ウィルス性の肺炎は、ウィルスそのものに対する薬がないので、

対処療法が中心になります。

呼吸が困難になり、酸素吸入が必要なぐらい症状がひどいと入院が必要になってきます。

熱が続いたり、食べたり、眠れないときは解熱鎮痛薬を使ったりします。

また水分補給も大事です。

痰を出しやすくしたり、脱水予防に役立つからです。

しかし脱水がひどい場合は、点滴も必要になります。

 

症状は風邪の症状と似ています。

また風邪や気管支炎からなることもあるので、

こうした症状がみられる場合は再度受診をして検査を受けることも大事です。

 

検査には胸部X線検査や血液検査、喀痰検査などがあります。

X線検査では肺に炎症が起きてると影が見えます。

血液検査で白血球やCRPなどの値を調べたりします。

こうした検査で確認することができます。

 

ただの風邪だと思っていて、油断しているとかかることもあります。

ひどくなると死んでしまうこともあります。

抵抗力の弱い、高齢者や乳幼児のいる家庭は気を付けて対応していくとよいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL