0歳の娘が肺炎になってしまった母親の体験談

私の娘(現在3歳)が0歳9ヶ月の頃に肺炎になり入院した時の体験をお話しします。

 

まだ夏の暑さが残る9月頭あたりから咳をし始めた娘

「熱は無いし咳くらい大丈夫」

と軽く思っていた当時の私は気にせずママ友の集まりに連れて行っていました。

 

咳はなかなか治らず1週間が経った頃に激しい咳と共に嘔吐をするようになりました。

熱も出るようになりました。

夜になると更に咳は悪化し咳が苦しくて娘はうまく寝付く事が出来ず愚図りそして、咳が続くと嘔吐。

私も看病で眠れず、翌日朝一で掛かりつけの病院に行こうと決意。

 

しかし、私の住んでいる地域の小児科はどこも水曜休み。

行った事のない内科を受診し、風邪だろうから様子を見ましょうと言われ薬を貰い帰宅。

薬を飲ませても一向に回復しない娘。

むしろ咳はどんどん酷くなる。

最悪な事に主人は夜勤で帰って来ない。

ご飯もお風呂も入れずほぼ徹夜で看病。

 

木曜は昨日診てくれた小児科医がお休みだったので行かずに自宅にて看病。

昨日と状況は変わらない。

今日も主人は夜勤で帰って来ない。

 

心細かったので実家の父に泊まりに来てもらいやっとちゃんとした食事が出来ました。

この夜は特に悪化しなかったのでお薬が効いてきて良くなって来てると思いました。

 

金曜日のお昼に娘が薬と母乳を嘔吐しぐったりしだし夜勤明けで眠っている主人を叩き起こし

午後の診察開始に合わせて水曜に受診した内科へ駆け付けました。

 

レントゲンを撮ってもらい肺炎を起こしている可能性が高いとの事でした。

入院施設のある市立病院を紹介してもらいすぐに向かいました。

市立病院で血液検査をしてもらい肺炎になっている事が確定。

即入院となりました。

私も付添で入院です。

 

鼻に酸素チューブ、腕には点滴を付けられとても痛々しい姿に心が痛みました。

その時私は少しホッとしたんです。

自宅で1人で看ているより入院した方が何かあった時にはすぐに対応して貰えるから。

 

入院してから2日くらいで熱は下がりみるみる回復していきました。

3日目から病院食が出ましたがまったく食べず…なので病院食は止め入院中は母乳のみでした。

病院の看護士さん達は皆さん親切で過ごしやすかったです。

そして、5日目に無事退院しました。

その後1ヶ月くらいは風邪をよくひいていましたが今ではほとんど風邪をひかない強い子に育ちました。

 

娘を肺炎にさせてしまった自分を振り返ってみていくつかの失敗をしている事が分かりました。

一つ目は熱が無いからと外出を普通にしていた事。

咳を完全に舐めていました。

この事があってから咳をし始めたらすぐ病院へ行く事にしました。

 

二つ目は症状が悪化しているのに担当医がいないからと1日自宅待機してしまった事です。

掛かりつけの小児科に木曜日に診せていればまた違かったかもしれないと今でも後悔しています。

 

この経験を生かして今後肺炎にならないように気を付けたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL