肺炎は早期治療してください

私の妹が高校生の3年の2学期頃でした。

卒業前の体育祭や文化祭の準備でなかなか家に帰ってきません。

疲労からか風邪をひいたのですが、休むことなく学校に行っていました。

 

若いことですし私はよくがんばるなと思っていましたが、

両親は心配して学校を休んで病院に行くように進めていましたが、

妹は学校を休むことなく病院にも行きませんでした。

 

特に悪くなることもなく両親もそのままになっていましたが、

母が病院にむりやり病院に連れて行ったのです、緊急入院となりました。

 

私は休養のための入院程度と思っていたのですが、

どうもその夜から妹の容態が急変したようです、

すぐに人工呼吸器がとりつけられ、24時間点滴の治療となったようです、

容態は相当悪かったみたいでした、

母がつきっきりで看病していて、私と父は面会にもいけない状況でした。

 

私は、その時は知識もありませんし、妹がそんなに悪いとは思ってもいませんでした。

結局は年末まで妹は入院していました。

正月も念のために入院しておくようにとの事でした。

 

1月になって妹も元気になってきましたので、退院する事になり元気で帰ってきました、

ところがですその日の夜に、また容態が急変したので病院に連れて行きますと又入院です、

病院の先生もびっくりした感じでした。

 

先生から家に動物がいませんかと質問がありました、

当時私の家にはセキセイインコと犬が飼われていました。

 

病院の先生は、動物は処分するようにといわれました、

でもすぐに処分は私達にはできませんでした。

妹は入院していることですし、入院中は飼うことにしました。

 

犬は妹が犬を飼いたいと言って父が親戚から生まれたての犬をもらってきた事もあり、

とりあえずは父から先生が言われたように妹に言いましたが犬の処分はできませんでした。

犬は外で飼っていましたので絶対に妹は近づかない事を約束させました。

 

セキセイインコは親戚でセキセイイインコを飼っている方がおられましたので、

その方にお願いして飼っていただきました。

 

なんとか妹は退院する事になったのですが、

その時はまったく体力がなく3学期は学校に行ける状況ではなく

出席日数が足りないため卒業できない状況でした。

母が毎日妹の学生かばんを持って妹と朝学校に行き帰りは病院行くことで

病院と学校に、配慮していただきなんとか卒業ができました。

 

内定していた会社にも入社させていただき、

最初は働くどころか入退院のくりかえしでした、

本当に学校と病院と入社した会社には感謝でした。

 

 

こんな経験がありながら、今度は私の娘です

医療事務員でしたがある日風邪をひき熱があるのに病院を休みません、

妹のこともあるので娘に注意しますと、病院に行っているから心配ないと言うのです、

先生に診てもらってるし薬ももらって飲んでるから大丈夫と言うのです。

 

私もそれ以上言えませんが何時までたっても風邪が治らないし妹とどうも一緒のように感じた。

娘に病院でも診療所では検査ができないから

先生に言って病院で検査してもらえるように紹介してもらえるようにお願いするように言いました。

先生もすぐに妹が入院していた病院に紹介状を書いていただけました、

すると心配していたとおり娘も肺炎でした緊急入院です

 

でも症状は軽く、さしいれしなければならないほど食事ができて

元気な入院で一週間で退院できました。

肺炎は早期治療しなければならないことを知る事になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL