肺炎になりました

今年は不幸なことにインフルエンザに2回もかかりました。

そして2回目はなんとインフルエンザから肺炎になってしまいました。

 

インフルエンザは2回とも単独でどこかしらで拾ってきたのが原因です。

二人子供がいますが、子供や主人は一切なりませんでした。

 

2回目のインフルエンザのときはその前から風邪を引いていて

咳がひどかったので免疫力がかなり落ちていたときに拾ったんだと思います。

なので、風邪がなかなか治らないなと思っていたら、夕方高熱が出て、

しかし子供も春休みで二人いて高熱でつれていくのはしんどかったので

病院は次の日に行くことにしました。

 

案の定熱は次の日の朝には37度代におちついていました。

しかし、待ち時間が長いのはキツいと思い、予約のとれるクリニックにいきました。

子供二人つれてクリニックに行き、熱が高いので別室に案内され10分くらいしたら診察してもらました。

 

熱が高いのでインフルエンザの検査をしたらインフルエンザA型でした。

インフルエンザAは今年すでにかかっていたので先生は不思議そうにいっていました。

授乳中でも大丈夫なインフルエンザの薬をもらい、帰りました。

といっても特効薬なので12時間は授乳をやめてもらいたいと薬剤師さんに言われ12時間は断乳をしました。

 

家に帰ったらとたんに熱が上がりはたまた高熱に。かなりしんどかったです。

夕方は二人の世話ができなかったので、上の子だけ主人の実家に預けました。

なんとか熱が下がったときにご飯を作ったり家事をこなしました。

夜になり主人に会社帰りに上の子を迎いにいってもらいその日は乗り切りました。

 

そして次の日、朝は熱が下がって家事ができる状態ですが、

動くとはたまた高熱になり、ママ動けないからごめんねといってソファーで寝てました。

昼ごはんはレトルトカレーとか何とかしていたのだと思います。

しんどかったからか記憶にありません。

 

寝てると熱が下がるのですが、また動くと熱があがるの繰り返しでした。

次の日も同じ感じでした。

またその次の日も同じで咳はとまらないし、血の混じった痰もでるし、もう薬もないのでクリニックへ行きました。

さすがに二人の子供をつれていく気力、体力はなかったので、子供二人を主人の実家に預けました。

 

先生の診察で聴診器をあてられ肺炎かもということでレントゲンをとりました。

レントゲンをとったところ肺に白い影がありました。

血液検査もしたら、CRPの値が11ありました。

言われてみれば呼吸がしづらくなっていたし、まさか肺炎になるなんでかなり落ち込みました。

 

先生が言うには中程度の肺炎で子供だとすぐに入院のレベルだったみたいです。

しかし、子供もいるので急に入院になると困ってしまいます。

即点滴をしてもらい、少し症状がよくなりました。

しかしまだ油断はできません。

念のため紹介状をもらいもし夜にひどくなったら大きい病院へいって下さいと言われました。

 

咳はひどかったですが夜は上の子を主人の実家に預かってもらい

なんとか乗りきり次の日も点滴に行きました。

家では抗生剤を5日飲みまた診察に行きました。

熱も下がり徐々によくなりました。

抗生剤を2日プラスされ、その後は1か月後の診察とレントゲンになりました。

 

肺に白い影がなくなるのは1か月くらいはかかるとのこと。

1か月して再び診察に行きました。

レントゲンの結果、白い影はなくなり治っていました。

まだ若干の咳がでていましたが、その程度の咳は仕方がないとの事。

 

肺炎は下手をすると死にも至る病気です。

大事に至らなくて本当によかったです。

風邪もインフルエンザも気を付けようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL