子供が5歳の時に肺炎が悪化してドクターヘリコプターで運ばれました。

子供が5歳の時に熱があり、嘔吐したので小児科を受診しました。

インフルエンザの検査をしたのですが、陰性だったため、嘔吐下痢だろうということで家に帰りました。

 

その日の夜に子供が息苦しそうにしていたのですが、意識ははっきりしていました。

朝になり熱は高熱ほどまではいかなかったのですが、

息が荒くて急いでまた同じに小児科へ連れて行きました。

 

その時は冬場で患者さんも多く順番がくるのを待ちました。

ですが、あまりにも子供の呼吸が荒かったので看護士さんに伝えて脈を測ってもらったところ

慌てて順番を次にして先生にすぐ診てもらいました。

 

聴診器を当てながらビックリしていて救急車を呼びドクターヘリコプターで運ぶ手配を取り始めました。

レントゲンを撮ると肺に水が溜まっていると言われ肺炎がかなり悪化していると言われました。

また、インフルエンザの検査をされましたが陰性でした。

 

ドクターヘリコプターで国立病院へ運ばれ。

肺から水を抜き、自力で呼吸ができないので、眠らせた状態で人工呼吸器で呼吸をさせますと言われました。

 

人工呼吸器から2日たっても呼吸が落ち着かなくて熱もさがりません。

先生が検査の結果マイコプラズマ肺炎とあともう一つのウィルスが感染しているのですが、

何のウィルスかがわかりません。

今はインフルエンザが流行していてインフルエンザの検査キットで検査しても

稀に陽性でも陰性になることがあるので、咽の体液を採取して

遺伝子検査に回して念のためにインフルエンザの薬を投与します。

と言われました。

 

人工呼吸器から5日目にようやく熱も下がり呼吸も落ち着いきたため、人工呼吸器を外して目覚めさせます。

とのことで子供な5日ぶりに目覚めたら、パニック状態になっていて、

私達夫婦を見て暴れたり、泣いたりで精神的にとても不安定な状態になってしまっていました。

正常な状態に戻るまで2週間ほどかかりました。

とても、辛かったです。

 

そして、マイコプラズともう一つのウィルスですが、そのもう一つはやはり、インフルエンザでした。

インフルエンザともっと早くわかっていたならと悔やみました。

マイコプラズマ肺炎とインフルエンザ肺炎の2つのウィルスに同時に感染してしまったために

肺に水が溜まるまで急激に悪化したのだと主治医の先生が言われていました。

 

こんな思いをもうしたくないので、インフルエンザの予防接種は必ず毎年受けていますし

マスクと消毒も気にかけて過ごさせています。

肺炎は大丈夫だろうと病院へ行かない人もいますが、悪化するととにかく大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL