マイコプラズマ肺炎に1年で2回

息子がマイコプラズマ肺炎に、4歳の時に2回かかりました。

元気だったのに、寒いと言い出し、突然のように39・6度の熱がでました。

インフルエンザかと思い慌てて病院で検査してもらいましたが、インフルエンザではありませんでした。

流行っているから風邪ではないかと言われました。

 

2日目も39度0~39度9の間で、熱は下がらずに近所の小児科へ行くとやはり風邪ではないかと言われました。

薬を処方してもらい、様子をみるように言われました。

 

3日目には40度になり、咳も増えてきました。薬を飲んでも効き目は感じられませんでした。

 

4日目、朝は37度6になり一安心でしたが前の夜は、

寝てる時間に何度も咳き込んで苦しそうに起きて眠れなくて辛いようで怒ったりしていました。

心配で、不安でした。

昼間は38度5、夜も38度6でした。

 

5日目、

朝38度4分

昼37度8分

夜38度0分

元気が少しは出てきました。

 

6日目、咳がひどくえずいたりもしました。病院へ。

今度は少し大きい病院にしました。

 

レントゲンと血液検査をして、マイコプラズマ肺炎と診断されました。

「こんなに肺が白くなってひどいので薬を処方して様子をみることもできますが入院させますか?」

と先生に言われましたが子供が入院をひどく嫌がり、

こんなに興奮しては気持ちにも体にも悪いのではないかと夫婦で話し合い、

まずは薬で様子をみてみようと決めました。

朝37度6分

昼37度5分

夜39度3分

 

7日目、熱は朝昼夜ともに、36度代でした。

なんとなく元気は出てきたように感じました。

熱を出して以来、やっと「食べたい」と言ったのでほっとしました。

 

8日目、この日も36度代。

たまに咳き込むけどだいぶ落ち着いてきていました。

夜になってからがつらそうに咳がでていました。

 

9日目、熱はすっかり落ち着きました。

夜はまだ咳は出るものの、遊んだりして昼寝もなく過ごしました。

 

10日目、病院でレントゲンをとると、よくなったのがハッキリ分かりました。

この日の夜、咳で起きることは一度もありませんでした。

 

1度目のマイコプラズマ肺炎の時は7ヶ月前でした。

その時は、39度越えていても食欲も元気もあり、2度目のようにぐったりしてつらそうということはありませんでした。

ただ、やはり熱が37度から39度の間をいったりきたり

という体温が安定しないマイコプラズマの特徴がでていました。

ちなみにその時は、7日目で平熱に戻りました。

 

肺炎だと胸の音でわかると言いますが、

マイコプラズマの場合は、少し時間がたってからでないと心音の変化が分かりにくいそうですが

2回ともそれもあてはまっていたようです。

 

マイコプラズマの特徴として、

大人が感染しても何の症状も出ないで気がつかない場合がほとんど。

というのも、あてはまっていたのだと思います。

私も主人にもうつることなく過ごせました。

インフルエンザや胃腸炎は子供からうつったのでそれも困りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL