ただの風邪からの油断!風邪から肺炎を引き起こした件

肺炎になった原因

肺炎になったきっかけと言うか大まかな原因は、ただの風邪です。

しかし、用心をしなかったのが災いしたのか、1週間ぐらい風邪が長引いてしまいました。

 

最初病院に行って診断してもらった時はただの風邪だったのですが、

1週間後キツくて病院に行った時には既に肺炎になっていました。

当時35歳、体力はあるほうだと思います。

 

 

どれくらいキツかったか

とにかく身体がけだるく熱く、呼吸もまともに出来なくて、

このまま弱って死ぬのかなぁとか考えてしまうくらいに萎えていました。

痛みとかも相当酷かったのですが、そういう物よりも精神的なダメージが大きかったと思います。

 

 

入院しかけた

人生で入院ってやつをした事が無かったのですが、危うく入院しかけました。

咳との併用でタンが絡んでヤバい時があって、でもどうにか入院まではなりませんでしたけど。

これで高齢者とかだったら危険だから入院とかってなるんでしょうね。

 

この時に気をつけていた事は、とにかく余り動かずに安静にしておく事でした。

薬なんかももらっていたのですが、基本的な体力が減っているため効きにくい状況だったのです。

 

 

肺炎と咳喘息の同時進行

私は元々呼吸器系が弱く、喘息持ちだったのでそれと関連して肺炎もなかなか治りませんでした。

肺炎が治まろうとするタイミングで喘息の発作が出てきて、また肺の調子が悪くなると行った具合でした。

何をやっても良くならないので、この時に衰弱していく感覚を覚えました。

 

病は気からとはよく言った物で、どんどん気持ちが落ちていくのが分かりました。

しかし、こんな事で負けている訳にも行かず、なんとか回復を願いじっと過ごして

約2週間とちょっとで体調も上り調子になってきました。

 

結果として治ったが何とか3週間程で良くなったのですが、

体力が落ちていたので久しぶりに職場に復帰した時はかなりキツかったです。

少しずつ体力が戻り、普通になるまでトータル1ヶ月はかかりました。

大人になってから初めて大きな病気を煩ったのでとても大変でした。

まだ喘息は持ったままなので今後も併発させてしまう事が無い様に気をつけていきます。

 

今回肺炎で職場を長期離脱して仲間に大迷惑をかけてしまいました。

体調管理はとても大事な事だと痛感しましたし、

風邪をただの風邪だと油断してしまった事で肺炎までいってしまったので、

今後はどんな病気でも油談ぜず早く直すようやって行きたいと思います。

 

風邪引くときとかって、よく睡眠不足だったり、食事のバランスが悪かったりで

不摂生の時に多い様な気がするので、バランスを考えた生活が健康の第一条件だなと痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL