子供に起こる肺炎

肺炎の中にはマイコプラズマと呼ばれる病気があります。

せきが長引く事が特徴で誰でもかかる可能性があります。

得に5歳から9歳の子供がかかりやすく、

症状は風邪ににているため見過ごされやすい病気です。

 

マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマという病原体が起こす肺炎になります。

このマイコプラズマは少し変わった病原体で

一般的な風邪のウイルスよりも少し大きく、

細菌よりは少し小さいというのが特徴になります。

 

通常病原体は、この病原体にかかった方の息やクシャミから飛まつして感染します。

保育園ですとか、学校などで子供が集団発生する場合もあります。

 

マイコプラズマは身体の中に入ってから発症するまで、

およそ2~3週間の潜伏期間があります。

通常の風邪によくにていてひかくてきに見過ごされる事も少なくありません。

熱はたいした事はないのに咳はひどくて長引くといったように咳が主体になるのが特徴になります。

 

マイコプラズマ肺炎は集団で生活する小学校などで感染が広がることが多いので

発症するのは小学生の7歳から9歳の子供に多くまれに1歳から2歳の発症もあります。

 

マイコプラズマ肺炎は風邪の症状ににているため、

自己判断で風邪薬などを服用するだけで、

病院に行かず治療が遅れて長引いてしまう事があります。

 

咳が続く場合は病院を受診することが大切になります。

病院に行くと血液検査とレントゲン検査をします。

血液検査ではマイコプラズマのIgM抗体を調べます。

感染後1~2週間しなければ陽性の反応が出ない事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL