マイコプラズマ肺炎の潜伏期間は長い

マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマという微生物によって

引き起こされる呼吸器系の感染症です。

肺炎球菌による肺炎とは異なり、非定型肺炎とも呼ばれています。

晩春から早春にかけてかかることが多いです。

以前は4年に一度流行するのでオリンピック病ともいわれていましたが、毎年あります。

 

感染経路は空気中に浮遊している細菌による飛まつ感染と、

病原体に付着している物体の表面を介して感染する接触感染です。

感染力はあまり強くはありません。

 

感染してからの潜伏期間はおよそ2から3週間といわれています。

潜伏期間とはマイコプラズマに感染してからマイコプラズマ肺炎が発症するまでの期間です。

したがって、マイコプラズマ肺炎の人と接触しても、すぐに症状がでるわけではありません。

 

初期は風邪のような症状で疲労感やのどの痛み、乾いたせき、発熱、筋肉痛などです。

だんだんとせきの症状が強くなってきます。

せきは夜間に多く症状がでます。

せきが長引くので初めてマイコプラズマ肺炎と診断されることがあります。

 

治療法は抗生物質の投与を行います。

症状や治癒するまでの期間は個人差が大きいです。

学校や家庭、会社などの閉鎖した空間で集団感染することが多いです。

学校などで集団感染した場合は潜伏期間内に家族に二次感染することが多いのです。

潜伏期間が長いので地域ごとに流行する可能性があります。

 

予防は手洗いやうがいをするようにします。

患者との接触は避けて、人込みはなるべくさけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL