マイコプラズマ肺炎の主な感染経路

マイコプラズマ肺炎の感染経路は

基本的にインフルエンザと同じですが、

発症する人としない人がいたりと感染する可能性は人それぞれです。

 

主な感染経路としてはマイコプラズマ肺炎に感染している人のくしゃみや咳、

それらが付着してしまっている物を通じて発症するケースが目立っていますが、

免疫力が落ちている時は特に要注意です。

 

空気感染もありえますが、何もしていないのに知らずに

マイコプラズマ肺炎になってしまうこともおかしくはないです。

 

同じようにマイコプラズマ肺炎になって治療を受ける場合も

通院での治療でも十分治る見込みのある人もいれば、

重症化させてしまったりと入院する必要のある人から発症した際の症状の重さも様々です。

 

ほとんどは毎日の病院への通院と点滴や薬などの治療がメインとなってきますが、

医者に治ったと診断してもらえるまでは治療をする必要性は大きいです。

これは全身の状態によっても違いますが、ひどい肺炎を起こしてしまったりと

合併症を引き起こすと入院を勧められることも多いです。

 

まず、マイコプラズマ肺炎になったと発覚するまでは感染してからの潜伏期間もあるのですが、

症状が出るのも感染後の一週間から一ヶ月後に出てくるのが大半です。

はっきりとした感染経路はわかりにくいですが、

自覚できる症状がでてきた時点で病院で検査を希望するのが大切です。

胸のレントゲン撮影をしてもらえたりと精密検査をしてくれますが、

感染しているかも調べてもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL