お年寄りや子どもの病気!?とんでもない、働き盛りも罹ります!

今からちょうど2年前の秋、突然の38度台前半の高熱に見舞われました。

その日はちょうど三連休前の夜だったと思います。

夫が帰宅していたので夫に子供の世話や家事を任せ、

私は安静にしようと休みを取りました。

 

初めはただの風邪だろうとタカをくくっていましたが、

2日ほど安静にしても全く熱は下がりません。

次第に胸が苦しくなってきて、痰が絡んだような咳ばかり出てくるのです。

熱はこのころには39度まで出ていました。

 

あまりにびっくりして、夫に「体温計壊れてるわ。」と言ったほどです。

(実際には壊れていませんでした。)

 

病院に行こうにも連休中で救急しか開いていませんし、

当時我が家は未就園の子どもが2人と、

小学生の子どもがいてたのでなかなか自分のために、

救急で病院に行こうという気にはなれずにいました。

 

3日目に偶然母が来てくれたおかげで救急病院に行くことができ、

レントゲンやCTの結果、肺炎であることが判明しました。

初めに先生には即入院したほうがいいと言われましたが、

まだ下の子どもたちは幼稚園にも行っておらず、昼間見てくれる人もいませんし、

子どもたちも私がいないと不安がるだろうと思い、

入院はせずに朝晩通いの点滴と薬の服用で治すことにしました。

 

次の日から4日ほど朝晩点滴をうちに病院に行きました。

飲み薬も飲んでいましたが、熱は解熱剤(ロキソニン)を飲まないと下がりません。

薬がきれるとまた熱が上がり、胸は苦しいままで咳はずっと出続けています。

 

そんな状態で熱が出始めてから10日ほど経ちましたが一向に良くなりません。

外来で診察に行った時に、私はもうこのままだと死ぬかもしれないと思い

「入院させてください。」とお願いしました。

そうしたら即入院です。

あっという間にベッドが用意され、私も荷物を取りに家に戻り家族に

「入院するし。」と一言残して入院しました。

 

入院してからも、点滴のうちすぎでなかなか入るところがなく苦労しました。

入院すればあっという間によくなるだろうと思っていたのですが、

私の場合はずっと使っていた薬が効いていなかったようで、

薬を変えてようやくよくなりました。

入院してから5日ほど経っていたと思います。

 

熱が下がってようやく落ち着いたかと思ったら、

その薬が強すぎたのか副作用でお腹がとんでもなくゆるくなりました。

(下品な話ですみません。)

 

結局10日間入院して無事退院することができましたが、

1か月くらいはなるべく自宅で安静にするように言われました。

薬も退院後も1か月ほど服用していました。

 

後から先生に聞いた話では、その年は若い人がかかる

「マイコプラズマ肺炎」がすごく流行っていたらしく、

私もどこかで感染したのだろうということでした。

 

肺炎はお年寄りの病気、

マイコプラズマは免疫の弱い子どもがかかるものだと思っていましたが、

とんでもなかったです。

10代から30代、40代の人も十分気を付けなければならない病気だったのです。

 

実際、私も熱が出る1か月前から咳が出たり、

風邪気味のような体のだるさがあったので、

その時にきちんと病院に行っておけばここまでひどくならなかったかもと後悔しています。

 

治った今でも鼻水がでたり、咳がでるような風邪を引くと

胸のあたりが少し苦しくなる時があります。

皆様、長引く風症状には注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL