肺炎の診断

肺炎の診断の手順は、

①肺炎を疑う段階

②肺炎の確定診断

③ 鑑別診断

の3つで、それぞれ検査を中心に行われます。

 

胸部X線検査、血沈、たんの検査、

血液検査、血清反応などで

肺炎の疑いが濃くなったら、

診断を確定するために胸部CTスキャン、

期間内の採たん、血液ガス、心電図などを行い、

さらに病原体の検査で、どの種類の肺炎か、

えり分けを行います。

 

レントゲンに抵抗のある人は聴診や、

胸や背中をトントンと叩く打診をして診察することになります。

 

鑑別診断は、肺炎とまぎらわしい病気を除外していくものです。

そのような疾患には肺化膿症、肺結核、肺真菌症、

過敏性肺炎、PIE症候群、膠原病に伴う肺病変、

肺がんなどがあります。

 

 

肺炎が確定すると 、

たんをとtって、顕微鏡で覗いたり、培養して、

肺炎のもととなっている菌をハッキリさせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL