肺炎の種類

肺炎の種類は、病原体によって区別されます。

ウィルス性、細菌性、真菌性、

マイコプラズマ性、クラミジア性、原虫・寄生虫性

などです。

 

病原菌がはっきりした場合には、

インフルエンザ肺炎とか、ぶどう球菌性肺炎、

クレブシエラ肺炎といいます。

 

エイズ患者のかかりやすい、

ニューモシスチス・カリニ肺炎は、

原虫・寄生虫性の肺炎です。

 

現在では、病原菌に適した抗生物質が

選択できるようになりました。

 

また、肺炎になる以前に他の病気を持っていたかどうかで、

経過や治療に違いが出てきます。

 

健康な人が肺炎にかかる場合は、

風邪からの二次感染でも、

原因となるのはマイコプラズマや、肺炎球菌などの

グラム陽性球菌に属する強力な菌が多くなります。

 

また、強い菌でなければ、肺炎にはかかりにくいといえます。

これを市中型肺炎、または一次性の肺炎といいます。

 

市中型肺炎の中には、お年寄りに多い、誤嚥性肺炎があります。

これは、間違って気道や肺に食べ物などが入って起こる肺炎です。

自宅で起こることが多いです。

 

もっとも頻度が高いものは、市中型肺炎の中の、

肺炎双球菌性肺炎です。

 

寝たきりの人や入院しているような慢性の疾患を持つ人は、

抵抗力が衰えているため、

健康な状態では肺炎にならないグラム陽性菌や、

カンジダなどの真菌でも肺炎の原因菌になり、

日和見感染にかかりやすくなります。

これを院内型肺炎または二次性の肺炎といいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL