肺炎とは

肺炎とは

主に病原体の感染が

原因で起こる肺の炎症を

総称して肺炎といいます。

肺炎は、気管が分岐した一番先の、

肺胞の中に炎症が起こります。

 

風邪として見過ごしてしまうような、

ごく軽いものから、

48時間以内に治療しなければ、

死に至るものまであります。

 

肺に炎症が起こると、おかされた肺胞のガス交換機能は

低下するか停止します。

 

炎症の程度や広がり、炎症部分などによって

病状に違いが出ます。

さらに、病原菌の種類、体調や年齢など、

かかった人の体の状態でも異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL