誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎とは、

食べ物の誤飲や誤嚥、

または胃液の逆流、

鼻・のどの粘液が気管・気管支に入り、

嫌気性菌などが介在し、

院内型として発生する肺炎です。

 

高齢者や手術後の患者に多く、

短時間で症状が重くなります。

 

誤嚥性肺炎は、高齢者にとっては、

老人性肺炎の重大な原因のひとつになります。

 

無菌であるべき気道の中に、誤飲・誤嚥された

飲み物や食べ物、胃液、または病原菌を含むたんなどが

入ってきて炎症が起こり、

その炎症が肺に広がって肺炎になります。

 

年齢とともに、異物を排出するせき反射の能力が低下し、

食べ物が食道へ流れるようにする気管の入り口のふたの機能も

効率が悪くなってきます。

 

そのために気管へ食べ物が入り込んでむせることが多くなります。

異物をすべて排出すれば問題ありませんが、

せき反射の低下などで異物が少しでも残ると、

炎症の原因になってしまいます。

 

同じことは睡眠中や泥酔、意識低下、

または鎮静薬が効いているときでも起こります。

高齢者や病人ではのどの粘膜にある病原菌が、

肺に吸引される可能性がかなり高くなります。

 

誤嚥性肺炎の予防としては、

歯のある人なら歯をよく磨くこと、

入れ歯の人なら入れ歯をきちんと洗うこと、

そしてまめにうがいをするなどで、

口の中を清潔に保つことが誤嚥性肺炎を防ぐために大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL