膠原病性間質性肺炎

膠原病には色々ありますが、

肺に症状を伴うものが少なくありません。

 

どのような症状を示すかは、膠原病の種類によって

少しずつ違ってきます。

中でも間質性肺炎と胸膜炎が多く見られます。

 

さらに、膠原病の治療に使われる免疫抑制薬などの

副作用による日和見感染がみられることもあります。

 

一般に、膠原病に起因するので女性に多く、

20~50歳によくみられます。

症状は空せきや息切れなどによって始まるのが普通です。

 

膠原病性間質性肺炎の治療

治療はステロイド薬を中心に、

各病気に伴って行われます。

 

病状は慢性的に進行して肺全体を広い範囲にわたって侵し、

組織の繊維部分が増えてかたくなっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL