クラミジア肺炎

クラミジアは、細菌とウィルスとの中間に位置する病原菌です。

クラミジア肺炎は最近、よくみられ、

ウィルス性肺炎に似た症状を示します。

 

性行為で感染するものの一つにクラミジアがありますが、

それはクラミジア・トラコマチスといって、

目にトラコーマを起こす微生物です。

 

この病原体が起こす呼吸器感染症として、

クラミジア肺炎が知られています。

 

鳥などのペット類から感染することも多く、

ペット飼育の流行とともに目立ってきた肺炎です。

 

オウム病とも言われます。

せきはあっても熱が出ないことが多く、

ウィルス性、マイコプラズマ肺炎や、

細菌性肺炎に比べて経過は軽く、

2週間前後で自然に回復にむかう場合も多いのですが、

中には重症化して短期間に死に至るような例もあります。

 

クラミジアには、

ペニシリン系、セフェム系の

抗生物質は無効で、

テトラサイクリン系、マクロライド系が有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL