マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマとは、細菌によく似た病原菌で、

風邪症候群である肺炎の主な原因菌です。

 

マイコプラズマ肺炎は、

ほぼ4年ごと、オリンピックのある年に流行を繰り返します。

 

風邪症候群の約20%がマイコプラズマによるといわれるほど、

気道感染症に多い病原菌で、肺炎の中でも、

風邪からの二次感染では肺炎球菌とともに多い病原菌です。

 

 

マイコプラズマ肺炎の症状

せきと発熱が主な症状で、

とくにせきは百日咳のように激しく、

咳止め薬では止まりにくいのが特徴です。

 

発熱は一定でなく、

38~40度のこともあれば、

微熱や熱がないときもあります。

 

しかし、経過は肺炎球菌など細菌性のものより

一般的には良好です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL