マイコプラズマ肺炎が急増中

かつては4年に1度流行る、

「オリンピック病」ともいわれたマイコプラズマ肺炎ですが

近年、マイコプラズマに感染した子どもが急増しています。

 

マイコプラズマは細菌で

、ウイルスと違い一生に何度も発症することがあります。

 

そのため、耐性菌が増えていき、

マイコプラズマ肺炎の特効薬である

「クラリスロマイシン」などが効かない人も現れ、

入院するケースも増えているのです。

 

咳と高熱が長続きし、

肺炎を引き起こして感染を疑われることの多いマイコプラズマ。

 

一般的なマイコプラズマ感染者は、

症状として通常の風邪とは異なり、

鼻水はほとんど出ず、痰のからまない乾いた咳がしつこく続くのが特徴です。

 

潜伏期間は2~3週間と長いですが、

実は肺炎など重症化することなく、

自然に治癒することも少なくといいます。

 

しかし、この自覚症状のない場合が実は厄介で、

知らないうちにマイコプラズマを学校や会社などでま

き散らしているケースもあるのです。

 

対処法は、人混みを避けてマスクを着用すること。

うがいと手洗いを欠かさず、感染したと思ったら『冷静な対応』を心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL